細田けんいちの活動ブログ 

有人国境離島の保全・振興のために

国境離島は我が国の領海領土の保全に重要な役割を果たしていますが、有人の国境離島は過疎化が進行しており、それらを尖閣のように無人化させない取り組みが必要です。

このような問題意識の下、自民党内の「領土特命委員会」(委員長 額賀福志郎先生)及び「離島振興特別委員会」(会長 谷川弥一先生)が共同で、「有人国境離島保全振興法案」を策定しました。今国会での議員立法による成立を目指しており、7月31日に、自民党内の両委員会及び関係部会の会議を開催して法案についてご了解をいただきました。私は、与党の実務者チームの一員として この法案の策定作業 各種根回しに走り回ってきました。やっと党内手続きの一つのヤマを越えた ということで感慨もひとしおでした。

<麻生財務大臣に 関係予算の手当てについて要請>

asou

 

<稲田政調会長に法案の早期成立について要請>

11828615_1463726700595254_6473706860261666359_n

 

本件に関連して 11日午後 甲斐 佐渡市長と 根岸 佐渡市議会議長が議員会館を来訪されました。当方からは与野党の根回し状況を含む、現在の法案策定作業の進捗状況につきご説明いたしました。甲斐市長と様々な情勢分析。野党も大きな反対はないようでほっとしています。これからも佐渡を含む国境離島の保全振興に微力ながら力を尽くしていきます。

P1010887 (1)