細田けんいちの活動ブログ 

憲法について考える

安倍総裁が改憲についてお話されました。地方経済の活性化や少子高齢化への対応など、我が国の課題はたくさんありますが、それらとともに、改憲が現実の政治日程に乗ってきた感があります。

本年は日本国憲法が施行されて70年になります。現憲法の定める、国民主権、平和主義、基本的人権の尊重という基本原理は、我が国の社会に既に定着しているものと考えます。

一方で、我が国の安全保障政策をめぐる議論が、近年の厳しい国際情勢を勘案せず、憲法の文言を巡る神学的論争となっていることに代表されるように、施行70年を迎えた現憲法について、国民的な議論を行い 必要な見直しを行っていくべきというのは、良識のある国民各位の常識となっていると思います。

上記の他にも、憲法が定める「法の下の平等」の原則のもと、地方出身の国会議員の数がどんどん減らされるような選挙制度でいいのか、衆議院と参議院の二院制をよりよく機能させるためにはどのような制度が望ましいか など論点は多数あると思います。

野党第一党は引き続き「安倍総理の下での改憲に反対」だの訳のわからないことを言っていますが、単なる時間稼ぎはやめて、望ましい憲法のあり方について個々の議員が堂々と議論をすべきです。

自由民主党衆議院議員 細田健一