細田けんいちの活動ブログ 

衆議院が解散されました

9月28日に、衆議院が解散されました。

その後、我が国の政治状況は、狂騒といってもよい混乱の中にあります。
隣国が核ミサイルの開発を進め、我々の頭上をミサイルが飛び越えるという、極めて厳しい安全保障環境の下で、この国を守り抜けるのはぶれずに進む自民党しかないと、私は信じています。

東日本大震災の後に、私は福島にボランティアに行きました。
あの時の経験は、私の政治活動の原点です。
そこで出会った立派なボランティアの人たち
黙々と汗を流す、自衛隊や警察などの現場の方々

それに引きかえ 当時の民主党政権の国政運営は混乱を極めていました。
「現場が黙々と汗を流しているのに、政治は何をやってるんだ!」
これが、私が出馬を決意した理由の一つです。

あの混乱した時代に戻しては絶対にいけません。
今の新党をめぐるマスコミの報道は、当時の自民党に対抗しようとした政治勢力を巡る報道と瓜二つです。
具体的な政策を何一つ発表していない 誰を総理に据えるのかもはっきりしない
そんな政党にこの国を任せられるのでしょうか。

私はこの5年間、地元の方々とご縁をむすび 政治活動を進めてまいりました。
地域の中小企業の活性化、農業生産効率化のための基盤整備の推進、佐渡汽船のジェットフォイルの運賃引き下げなど、与党ならではの実現力で、地元の思いをカタチにしてきたという自負があります。

今回の審判は私にとって大変厳しい状況にあります
新潟二区の皆様方のご理解を得て、引き続き、地元の皆様の思いを実現できる国会議員として活動していく、
自民党の一員として、何としてでもこの国を守り抜く
決意でおります。

皆様方のご支援を よろしくお願いいたします。

平成29年10月 細田けんいち

IMG_4613