細田けんいちの活動ブログ 

あけましておめでとうございます!

皆様、新年あけましておめでとうございます。

2014年が皆様にとって素晴らしい年になることを心から祈念しております。

2014年の政治の課題は何でしょうか。

まずは、経済です。アベノミクスで前向きになった日本経済を、確実に成長軌道に乗せていく必要があります。1兆円規模の企業減税パッケージ、中小企業を支援するものづくり補助金などを盛り込んだ補正予算や平成26年度の本予算を与党内で議論してきたところですが、これらを可及的速やかに国会で成立させ、切れ目なく対策を打っていく必要があります。野党にも是非前向きな対応を求めたいところです。

日本企業は六重苦と言われるようなハンディキャップを背負ってきました。これを放置しておくと、工場がどんどん日本から出て行ってしまい、若者の雇用の場が特に地方からなくなってしまいます。日本企業の六重苦を解消するためには、地に足の着いた現実的なエネルギー政策の構築や更なる企業減税が必要になると思います。

中長期的には、人口が減少する中で、日本の人的資源をさらに有効に活用する方策を考えなければなりません。女性が子供を産み育てながら社会で活躍できるインフラの整備や、雇用の流動化を促す仕組みが必要になってくると思います。また、人口減少時代にふさわしい持続可能な社会保障の在り方についても議論しなければなりません。

第二次大戦後、70年近く営々と平和国家を構築してきた我が国の努力に挑戦する近隣諸国の動きには、機敏に的確に対応しなければなりません。感情的にならず、冷静に対話をする必要があると思いますが、一方で、万が一の時のために同盟国と更なる信頼関係の構築に努めつつ、我々自身の実力を直実に涵養する必要もあります。

勿論、地元新潟の農業や地場産業の活性化、生活環境インフラの整備、佐渡の世界遺産登録に向けた取り組みの加速化などにも取り組んでいきたいと思います。

2014年を、皆さんが心から笑って過ごせるような、そんな一年に是非してみたいと思っています。

微力ながらこれらの課題に取り組むべく努力をしてまいります。皆様方の一層のご指導ご鞭撻を宜しくお願いいたします。