細田けんいちの活動ブログ 

台湾政府の公式招待

4月26日から3日間 台湾政府からの公式招待を受けて両国のエネルギー政策に関するセミナーに出席してきました。日本側の団長は有馬元東大学長。政治家としては 細田博之自民党幹事長代理や塩谷立元文部科学大臣など錚々たる諸先輩が出席され、小生は一行の事務局をつとめました。

27日にはセミナーに出席して小生も最近の日本のエネルギー政策について報告しました。

<セミナーで報告する小生>

P1050596

また、最終日28日は 台湾の馬総統にお目にかかって日台のエネルギー政策について議論しました。当初面会予定は30分だったのですが、なんと予定時刻を大幅に上回って1時間を超える議論となってしまいました。馬総統とご一緒させていただいた写真データが現在入手できていないのが残念ですが、相当熱のこもったやりとりでした。

日本も台湾も国産の化石エネルギー資源が皆無で、島国のため電力などのネットワークも孤立しており、非常に似通った状況にあります。「日本の成功や失敗に学びたい」という台湾側の熱意を痛いほど感じるとともに、やや古臭い表現になりますが、アジアで先陣を切って先進国の仲間入りをした我が国の役割と責任を痛感した台湾視察でした。

<馬総統との面談を待つ有馬団長や細田自民党幹事長代理などのご一行>

P1050664