細田けんいちの活動ブログ 

国会論戦は中盤へ

15日からはじまった臨時国会。

第一週は本会議での所信表明演説と野党党首の方々との質疑。

第二週は衆参での与野党の論客が入り混じった予算員会での質疑。

あっという間に2週間が過ぎ、会期は残り6週間 来週からはいよいよ各委員会で法案等の審議が始まります。小生が所属する経済産業委員会でも、来週水曜日に基本的質疑、金曜日に前国会で閉会間際の混乱により廃案になった「電気事業法改正案」の審議が行われる予定であるとの連絡が入りました。

その法案審議が終われば、いよいよ アベノミクス第三の矢の中核である「産業競争力強化法」の審議が行われます。

法案そのものも重要ですが、法案とともに自民党内で議論されてきた企業減税の政策パッケージが非常に重要だと思います。ピーク時には70兆円を超えるレベルだった民間設備投資額は現在50兆円強。成長のエンジンである設備投資を企業が前向きに行うことのできるような環境をつくり、日本経済を民需主導の成長軌道に乗せていく必要があります。

時限的な措置でありますが、産業競争力強化法の施行日とリンクする形で、設備投資の即時全額償却や研究開発投資にかかった費用の一部税額控除などの措置を企業減税のパッケージに盛り込み、同法の施行日以降に企業の行う投資行動を優遇します。これにより、民間企業の積極的な投資行動を是非行っていただきたいと考えています。

そのためにも、産業競争力強化法の一刻も早い成立が必要です。緊張感を持って中盤国会の審議に臨んでいきたいと思います。

臨時国会はじまる

今日から臨時国会が始まりました。

12時からの議席指定等の本会議、13時からの天皇陛下をお迎えしての開会式に引き続き、

14時から安倍総理の所信表明演説が行われました。(リンクを張ったので 是非多くの方に読んでいただきたいと思います。)

演説は短く シンプルなものでしたが、メッセージは明確だったと思います。

☆「強い日本」。それを創るのは、ほかの誰でなく、私たち自身である。

☆成長に向けやるべきことは明確になっている。重要なのは「実行」が伴うか、どうか。 「実行なくして成長なし」。この国会は、成長戦略の「実行」が問われる国会である。

☆今の日本が直面している数々の課題。復興の加速化、長引くデフレからの脱却、経済の再生、財政の再建、社会保障制度の改革、教育の再生、災害に強く安全・安心な社会の構築、地域の活性化、そして、外交・安全保障政策の立て直し。「意志の力」さえあれば、これらを必ず乗り越えることができると、私は確信している。

他の誰でもなく、私たち自身が、これからの日本を創っていく責任がある。そう呼びかける総理の演説に、改めて心が引き締まりました。

この国会は、アベノミクス第三の矢 成長戦略が問われる場です。

設備投資減税など、小生も微力ながら立案にかかわった政策が、所属する経済産業委員会で議論されます。特に、産業競争力強化法は、一刻も早い成立が望まれます。

1年生議員で本当に微力ではありますが、政策の「実行」に向けて力を尽くしたいと思います。

皆様方のご指導ご鞭撻を引き続きよろしくお願いいたします。

素晴らしい収穫の日

昨日10月6日 故佐藤かんじ先生(元新潟県会議員)のご家族 及び 後援会の方々が中心となった、サツマイモの収穫祭が開催されました。

素晴らしい秋晴れの日 畑で頑張ってサツマイモを掘り出します。

CIMG0346

 

 

 

お子さんも多数参加、「このお芋大きい」「ぼく、自分で運ぶー」といった声が飛び交います。

ただ今年は、やや天候が荒れ模様だったことなどがあり、土地をご提供いただいている農家の方によると、収穫自体は昨年に比べると芳しくなかったとのことでした。

CIMG0353

そして収穫の終わったあとには、みんなでビアパーティ。小生も得意の男の料理「健ちゃんやきそば」を調理。

CIMG0363

天気に恵まれ、本当に素晴らしい収穫の一日でした。

この日を天上で見守っていただいている、故佐藤かんじ先生のご冥福を改めて心からお祈り致します。また、企画運営いただいた、かんじ先生のご家族 及び 後援会のみなさま 楽しい企画を本当に有難うございました。