細田けんいちの活動ブログ 

サムライに出会う

国会が始まりましたが、連日地元に入って歩いています。

地元を歩くと さまざまな「サムライ」に出会います。

その「サムライ」たちから

 

「細田さん 迷うことぁないよ 正論でいこうよ 正論で」

「細田さん 赤じゅうたんを踏むことだけが生きる目的になっている そんな議員にだけは絶対になるなよ」

「細田さん 見てる人は絶対に見てる。いい種をまいておけば必ずいい芽がでるよ それを信じることだよ」

 

という話を聞くと、背筋を叩いてのばされたような気持ちになります。

 

「サムライ」のみなさん 本当に本当に有難うございます。

皆さんの代表として 恥ずかしくないよう 精進を続けていきます。

写真 (1)

通常国会はじまる

本日から通常国会がはじまりました。

所属委員会の割り振りがあり、従来所属していた

「経済産業委員会」

「拉致問題等特別委員会」

「原子力問題等特別委員会」に加えて 新たに

「農林水産委員会」にも所属することとなりました。

 

合計で4つの委員会に所属することとなり、さらに、そのうちの2つが産業系の常任委員会ということになります。「経済産業委員会」も「農林水産委員会」も人気が高いところなので、双方に所属せよとの内示を受けた時は正直びっくりしました。

新潟県は本州有数の農業県であり、農業政策の転換が行われている現在、その議論に参加することはまさに身が引き締まる思いがしています。名簿を見ると、新潟県選出の国会議員で農林水産委員会に所属するのは私だけであり、とにかく皆様方のご指導を受けつつ全力で勉強して、今後やる気のある若い人が自信をもって農業に取り組めるような環境整備を行いたいと思います。

皆様方の、引き続きのご指導ご鞭撻をよろしくお願いいたします。

写真 (1)

子育て世代の声を西蒲区から

今日の新潟日報朝刊で報道されていますが、4月の県議選に、西蒲区から自民党公認候補として、 五十嵐(いからし) さとし さんを擁立する方向となりました。IMG_6079[1]

ご覧のとおりのイケメン 西蒲区で生まれ育った 会社経営の経験がある44歳 二人のお子さんのパパでもあり子育て奮闘真っ最中です。明るくて前向き。私より大声で話し、笑う人です(笑)


我々の世代は、老親の世代 そして 子どもの世代双方に責任を負う立場にあります。このような世代の声を西蒲区から発信することは大変意味のあることだと思っています。

西蒲区における 待望の自民党候補の登場です。
西蒲区の皆様 是非 いからし さとし 候補をよろしくお願いいたします。

いからし候補の擁立調整作業に忙殺され、ここ何日かツイッターなどでの情報発信がおろそかになっていました。いからしさんの応援に加え、来週から国会も始まり、目の回るような毎日ですが、彼と一緒に とにかく走り抜けていきたいと思います。

地元の声を国政に

1月末の通常国会開会までは地元で活動することを原則にしていますが、昨日金曜日は本年初めて朝から晩まで東京で活動していました。というのは、地元の首長さんや市会議員の皆さんのご要望があり、皆さんの声を政府に伝える仕事に一日中かかりっきりだったからです。

まず、鈴木 燕市長が来室。内閣官房の地方創生本部の担当者(たまたま私の役人時代の後輩だったのですが)とともに、燕市が計画している「東京オリンピックを活用した燕市域の活性化」について議論しました。卓越したアイディアマンである鈴木市長のプレゼンにはいつも感心させられます。

<鈴木 燕市長と>

IMG_5956[1]

 

その後、場所を移して、甲斐 佐渡市長から「国境離島の保全・振興策」について、同僚議員とともにお話を伺いました。現在、自民党内では国境離島の保全・振興についての法案作成作業が進められており、小生がその法案作成チームの担当者に任命されたため、特に甲斐市長にお願いしてプレゼンしていただいたのです。非常に整理された内容のお話をいただき、参考になりました。いただいたお話に基づいて、佐渡を含む国境離島の振興について具体策を検討していきたいと考えています。

<甲斐 佐渡市長からのヒアリング>

IMG_5960[1]

 

その後、午後には佐渡市議会有志の方が来室、これも私の古くからの知人である、内閣官房のTPPの担当者から交渉の現状などについて説明を受けました。日本の農業政策や貿易政策について忌憚のない意見交換ができ、非常に良い機会であったと思います。

<佐渡市議団の方々とTPPについての情報収集>

IMG_5963[1]

 

このように、地元のナマの声をできるだけ政府の役人に伝えるのも、重要な仕事であると考えています。

これからも地元の声が国政に反映されるよう、与党の一員としての立場を活かして取り組んでいきたいと思います。

 

新年のご挨拶

皆様あけましておめでとうございます。

<弥彦村の大鳥居の交差点で新年のご挨拶を行いました!>

20150101_075103

本年が皆様方にとって素晴らしい1年となることを心から祈念しております。

引き続き、元気な新潟、強い日本を創るためにささやかではありますが努力してまいりますので、皆様方のご指導ご鞭撻をよろしくお願いいたします。

☆これまでの安倍政権の経済政策の果実を、できるだけ多くの人に実感してもらえるような状況を創る

☆安定的で安価な電力供給など 日本経済を強化する基盤を創る

☆少子化に歯止めをかけるために、若年層や子育て世代への資源配分を増やす

☆近隣諸国からの挑戦に毅然として対応できるような外交安全保障の基盤を創る

☆やる気のある若者が農業に参入するような状況を創る

☆大河津分水大改修の早期着工など、地域のインフラ整備を促進する

☆国境離島の振興を行う

などなど、取り組むべき課題は山のようにあります。

 

まだまだ未熟ではありますが、できるだけ皆様方のナマの声を聴いて、これらの課題に取り組んでいきたいと考えています。

引き続きご指導ご鞭撻、そしてご支援をよろしくお願いいたします。